Skip to content

無添加化粧品と自然派化粧品

最近人気急上昇中なのが、無添加や自然派といったネーミングで販売されている化粧品です。

これらは一見どちらも添加物を使ってないように思えますが、実際はどのような成分で作られた化粧品なのでしょうか。

まず、無添加化粧品ですが、無添加イコール添加物が一切入っていないと捉えてしまいそうですが、裏に貼られている成分表を見てみると合成成分らしきカタカナ表記のものがずらりと書かれているのです。

それなのにどうして無添加という言葉が使えるのかと言うと、102種類のアレルギー反応を起こす危険性がある成分を除いていれば、無添加化粧品という名前で販売することができるからなのです。

次に自然派化粧品ですが、別名オーガニック化粧品と呼ばれており、こちらも天然成分を少しでも使用していれば自然派化粧品という名前で日本では販売が可能です。

しかし、日本で作られたものの中にも、100パーセント天然成分で作られた自然派化粧品はあるので、購入する際は成分表を確認してからにしましょう。

無添加化粧品と自然派化粧品というネーミングだけで添加物が入っていないんだと思っていた方も少なくないのではないでしょうか。

水って放っておくと腐ってしまいますよね。

さらに真夏で蒸し暑い部屋に置きっぱなしにしていると、1~2日で雑菌は増殖します。

化粧品にも水が含まれているため、防腐剤をいれないと腐ってきてしまうのです。

腐ったまま使用すると肌トラブルを起こしかねませんので、化粧品を作る際、防腐剤は必要な成分と言えます。

しかし、防腐剤自体も肌にあまりよくない石油成分であるパラベンなどが使われていることもあり、できるだけ防腐剤も肌に影響のないものを使っているのが望ましいですよね。

そこで注目されているのが、無添加化粧品と自然派化粧品です。

これらには天然成分の防腐剤を使用しているものが数多くあるので、石油成分を使用しているものと比べると肌への影響は少ないと言えるでしょう。

しかし、天然成分であっても毒性のものもあります。

その量は肌に影響がでる量ではありませんが、100パーセント安心して使用できるとは言いきれません。

しかし、少しでも肌に優しいものをとお考えの方は天然成分にこだわっている自然派化粧品の使用を私はオススメします。